So-net無料ブログ作成

「江戸の娘 (新装版)」 平岩弓枝著 [本]

この本は、平岩さんの初期のころからの短編が7編収録されています。最近の物と比較
すると、艶っぽさが少し控え目だと感じました。もちろん、面白くない、と言う意味ではあ
りません。
"「御宿かわせみ」シリーズの原点ともいうべき表題作"
と紹介されている事からも、この物語から発展していった「御宿かわせみ」が、より輝い
ているというのは、当然の事かもしれません。

7編の作品の中で、私が気に入ったのは、読者の思いを裏切らない「江戸の娘」と、読者
の思いを裏切る「絵島の恋」です。両作品は、趣があまりにも違いすぎて、"最も気に入っ
た"を選ぶことができませんでした。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。