So-net無料ブログ作成

「ゴサインタン-神の座」 篠田節子著 [本]

篠田さんの宗教三部作の一作として語られることが多い、「ゴサインタン」です。作順で言うと、「聖域」「ゴサインタン」「弥勒」となるのでしょうか。
いつもの私ですと、『この3作品を好きな順に並べると...』とか言い出すはずなのですが、今回は、そんな事はできません。理由は、これらの物語を、好きとか嫌いとかで分類できないからです。

特に、この「ゴサインタン」は、テーマがあまりにも重すぎて、一気に読み切る事ができませんでした。読み切るのを諦めようかとも思いましたが、間に数冊の本を挟みながら、やっと読了しました。しかし、未だに消化不良を引きずっています。
 主人公は救われたんでしょうか?
 そもそも「救い」って何でしょうか?
まさか、「救い」繋がりで、次作「弥勒」になる訳ではないのでしょうが...。

淑子の神としての能力や、彼女の引き起こす超常現象に対して、「そんなバカな事がある訳がない」と一笑に付すことも出来るのでしょう。しかし、そう言い切れない自分も確実に存在します。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。