So-net無料ブログ作成

自動車保険の更新の手続き [車]

4月に自動車保険の期限を迎えるので、更新の手続きをしてきました。
幸いにも、この10年ほどは、保険を利用していません。軽い事故はありましたが、保険を使う程ではありませんでした。サーキットで事故ったこともありますが、当然保険の対象外なわけで...。
さて、インターネットで最安を探せば、もっと安い見積もりとなるのでしょうが、事故った時の手続きが簡単にできるので、私はディーラーが代理店をしている保険会社で契約しています。今回もそのまま更新してしまいました。しかし、通勤に利用していない今となっては、本当は契約内容を見直さないといけないのかもしれません。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

車の一ヶ月点検 [車]

ライフが納車されて3週間が経ちました。ちょっと気が早いのですが、1ヶ月点検に行ってきました。特に問題となる箇所はありませんでした。一安心です。
今までの車の場合には、この点検でエンジンオイルを交換していたのですが、『まあ、ライフなら問題ないだろう』と、今回は何もしませんでした。
サーキットに行く訳でもなしですし、レッドゾーンまでブン回すつもりもないですから。素直に5,000kmまで走ってから交換する事にしました。

さて、ライフはここまで800km走行して、使用した燃料は44リットルです。早朝出勤のため渋滞も無く、ほぼカタログスペックが実現されているといえます。
44リットルという事は、以前のトルネオユーロRだと、460km程度しか走れないことになります。しかもハイオクですし...。
走る楽しみが削られた分、お財布にはかなり優しくなりました。まだ実感はありませんケド。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

ライフが納車されました [車]

もう少しトルネオに乗っていたかったのですが、あっと言う間に納車日が来てしまいました。
ディーラーから届けてもらうのではなく、私の方から取りに行く事になっています。前日の雨であまりにも汚れていたので、一応、形だけの洗車もしてみました。が、その夜の雨で、また汚れてしまいました。

まずは、取り外したまま取っておいた、純正部品を積み込まなくてはいけないのですが、マフラーがトルネオには載らない事が判明しました。というか、取り外した時から分かってはいましたが...。ということで、1往復目は、親のワゴンを借りて、純正部品の搬送です。
クラッチにフライホイール、サスペンションにブレーキローター、エキマニ、触媒、マフラーにタイヤ......よくもこんなに交換したと思える程、色々出てきました。回数こそ少なかったですが、サーキットにも行って、本当によく「遊ばせてもらった」車となりました。感謝感謝です。
さて、ディーラーに到着後、これらの荷物をおろす作業で、ディーラーの営業さんに手伝わせてしまいました。有難う御座いました。助かりました。
で、2往復目です。今度は、トルネオに乗っていきました。納車手続きも、さっさと終わり、ライフに乗ってディーラーを出たのは、僅かに30分後の事でした。時間がないといって急がせたのは私ですが、簡単すぎやぁしないか?とも思います。とても、ありがたかったのですが(苦笑

さて、運転してみた最初の感想としては、そんなにひどい物ではありません。確かに薄っぺらなトルクですし、タイヤの接地感はとても希薄ですが、想像していた以上の走りをしてくれます。ただし、今までの感覚で右折タイミングを計ると、ドテッ腹に突き刺されますし、ブレーキのタイミングも早め早めでないと、カマを掘りそうです。

はてさて、車にかかる経費を見直した事で、私の家計は健全な状態になるのでしょうか?甘い考えの様な気がするのは、私だけでしょうか?(苦笑


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

車を購入しました。 [車]

車を購入しました。ホンダのライフ D Type です。免許取得以来、初めての軽自動車です。
下取車は、トルネオユーロRです。購入から4年程しか経っていませんが、走行距離が70,000Kmを超えていますので、下取り価格が低いです。ライフ D Typeの本体価格の、3分の2程度だったと言っておきましょう。
まあ、改造し放題ですし、サーキット走行をしている事もディーラーには公言していますから、その辺りも査定のマイナス材料だとは思います。
それでも、4年弱の間、充分楽しませてもらったので、下取りの査定額に不満はありません。

さて、買い替えの理由としては、「心機一転を図るため」です。今までの車への出費を見れば、明らかに『間違っている』事が分かります(笑
諸々の経費を月々の支払いに換算すると10万円に達していますし、パーツ代を加えれば、更に4~5万は上乗せされ...。「幾らなんでも、そろそろ家計を見直さねば...。」ということです。

6月中旬頃には納車されるので、それまでは事故を起こさないように、慎重な運転を心がけないといけません。また、サーキット走行も禁止だそうです(言われなくても行きませんケド)。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

カーナビのバージョンアップ [車]

先日、壊れて修理したばかりのカーナビですが、バージョンアップのお知らせがあったので、申し込みをしました。
手順としては、
  1.ホームページで、申し込み
  2.パイオニアからHDD送付用の空箱が送られてくる
  3.カーナビからHDDを取り出して、パイオニアへ送付
  4.パイオニアからバージョンアップされたHDDが返送されてくる
となっています。
今回で、3回目なのですが、パイオニアの対応はいつも早いです。
8/26(金)にホームページで申し込みを行ったのですが、今日(8/28(日))の午前には、早速空箱が送られて来ました。
そして、そのままHDDを入れて返送したので、今週中にはバージョンアップされて戻って来ると思います。
これで、最新の情報を見ながら、山陰路を旅行できそうです。

カーナビの修理完了 [車]

先週末、やっとカーナビの修理が完了して、戻ってきました。またミュージックサーバにデータを入れなきゃぁいけません。
修理内容は、カーコンピュータユニット交換ってなってますが、これhメインボードみたいなもんなんでしょうね。完全にお亡くなりになっていた模様ですネ。


車検、無事通りました。 [車]

最も不安だった、キャタライザー(触媒)ですが、O.K.でした。メタル触媒に交換しているのですが、コアはちゃんと入っているし(当たり前ですが...)、規制に引っかかるような排ガスを出してはいなかったようです。ビクビクしながら、ノーマルの触媒を用意して連絡を待っていたのですが...。(苦笑
次に、マフラーです。左右2本出しのノーマルマフラーを、右側への1本出しの物に交換しているのですが、これも問題なかったです。軸重は、確か左右8%以下(未満?)の誤差までO.K.だったと思うのですが、その基準内には納まっているようです。音量は元々静かなので大丈夫だろうという自信はありました。
そして最後の心配は、エキマニの交換によって、遮熱板を取り外しているのが問題でないのか、ということでした。これも、何も言われませんでした。放熱の影響を受けそうな周りのパイプ類には、ちゃんと遮熱用の布を巻いているので、走行上は問題はないのですが、車検は?となると不明でしたが、良かったです。

ホンダのディーラーで車検を受けたのですが、最近のディーラーは『何でも来い』ってな感じなんですねぇ。まぁ、ホンダだから諦めているのかもしれませんケド(爆笑


カーナビが壊れました [車]

後一週間で車検だというのに、この時期にカーナビ(パイオニア AVIC-ZH77MD)が壊れました。
HDDのアクセスに失敗しているらしく、ナビが起動しないのはもちろん、画面も映りません。ラジオは鳴りますが、ポップノイズ出まくりで聞けたものではありません(涙  当然、ミュージックサーバにはリソースすら切り替わらず、液晶パネルのオープンスイッチも無反応です。
これ、完全にダメじゃん!!って、ことで、メーカー送りとなりました。
まぁ、普通に考えて、ハードディスクを3年間、ほぼ毎日使っていれば、壊れても文句は言えないでしょうねぇ。今回、サクッと換装してもらった方がサッパリするというものです。...修理代は高いでしょうけど(汗
さらに、いくら封入気圧が高いといっても、HDDを抜きもしないでサーキット走行している私にも問題があるといえば、あるのかもしれません。皆さんはHDD抜いているんでしょうかねぇ?

クラッチとブレーキを交換して [車]

先ず、クラッチ(ディスクとカバー)の感想です。『非常に扱いやすくなりました。』
以前にも書きましたが、エクセディのシングルのメタルを、シングルのカーボンクラッチに交換しました。
その結果、半クラッチがとてもしやすくなりました。当然、繋がる時のショックも軽減されます。というか、全くノーマルと変わらない感じで繋ぐ事が出来ます。フライホイールがクロモリなので、回転数をちょっと煽ってやる必要はありますけど。
当然、昨日の今日なので、焼けた時の感覚などは分かりません。焼けた時のμと耐久性はメタルの比ではないと言われています。しかし、ファミリー走行会程度で、レースなんてやるつもりもないので、引きずって走るようなマネはしませんが...宝の持ち腐れか?

次にブレーキ(パッドとローター)です。『踏み始めは効きが強くなりました。』
クラッチ以上に、ナラシをしておきたいので、全く(普通にしか)使っていません。普通の街乗りでは、無闇に効き過ぎる事もなく、扱いやすいです。「踏み始めでグッと効いて、奥でググッと効く」てな感じが好みなので、結構アタリかも、と思っています。奥でググッと効いてくれるかは分かりませんが(汗
まあ、何れにしても、フルブレーキすれば、ABSが効くのは当たり前な訳で、その時のハンドルのブレや、ブレーキを残したコーナリング時の挙動が重要ですので、これから色々試してみようと思っている段階です。


車検のついでに [車]

クラッチとブレーキ(パッドとローター)を注文しました。
何と言ってもトルネオ(CL1)なので、間違いなくマイナー車です。交換パーツも限られていて選択の幅がありません。

クラッチは、現在はエクセディーのシングルメタルクラッチを使っています。
踏力はノーマルに比べてそんなに重くはなっていません。もちろん半クラッチは難しくなっていますが、慣れれば何ともないです。カーショップやディーラー、ガソリンスタンドでも、全くイヤがられないレベルですから。
それを、同じエクセディーのシングルカーボンクラッチに交換します。
メタルクラッチに何の不満も不安もないのですが、エクセディーのCL1用のメタルタイプが受注生産になってしまったのが理由です。
ただ、カーボンクラッチだと、冷えている(街乗り程度の)時の半クラッチは、メタルよりも簡単になると思います。踏力については、カバーは変わらないと思いますので、メタルの時と大差ないと考えています。まあ以前、インテグラ(DC2)にツインのメタルを組んでいたことを思えば、なんて事はないでしょう。
ほかの選択肢としては、JUNのクラッチもあったのですが、フライホイルとセットになっているらしく、リペアパーツとしてカバーとディスクだけを売ってくれるか分かりませんでした。
現状でもJUNのフライホイルを使っていますし、それが磨り減ったりクラックが入ったりするような走りはしていない筈なので、さすがにフライホイルも交換してはもったいないと思いました。
ちなみにレリーズベアリングはホンダ純正部品での交換です。FEEL'Sのステンメッシュクラッチホースはそのまま使い続けます。
ということで、クラッチ関係は、カバーとディスクとレリーズベアリングの交換となります。

次に、ブレーキ関係ですが、ローターが減っているために、ローターを交換したかったのが「敗因」です。全く選択の余地がありませんでした。
現在は、フロントにプロジェクト・ミューのローターを使っています。リア用が発売されていませんので、リアはホンダ純正のローターです。これに、同じくプロジェクト・ミューのTYPE HC チタン改パッドを前後につけています。
しかし、それでもブレーキの効きに不満がありました。サーキットでコーナーに入るときに、「もう少し効いてくれればなぁ...」という感じです。
そこで、今回は無限のローターに交換です。フロント、リア共に発売されていますし、スリット入りなので、効きも良いだろうという予想です。となると、パッドも当然無限のものを使ったほうが確実という事になります。この組み合わせで不満があると言うなら、ホンダ車には乗れないということになります。

入荷時期がいつになるか分からないのが問題ですが、装着が楽しみです。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。